新型コロナウイルス感染症に関するお願い。

県境をまたぐ移動制限が全面解除されましたが、

国内から新型コロナウイルス感染症が消え去ったわけではありません

一般の人の中にも、無症状感染者が少なからず混じっていることが示されている以上、

いつ、どこからウイルスが迷い込むか、かえってわかりづらくなったと考えています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

① 発熱・咳・鼻水などの風邪症状のある方(患者さん・付き添いのご家族)は治るまで受診を控えてください。
お薬が足りなくなる方は何とかしますので、電話で相談してください。

② 患者さんの滞在時間を短くするため、また、待合室の混雑を避けるため、流行が完全収束するまで予約してくれた患者さんだけ診察します。当日予約も可能な場合がありますので、まずは電話をください。ケガなど緊急性のある患者さんは必ず電話をください。時間調整をします。

③ 予約時間は守ってください。早く来すぎたり遅れたりすると、待合が混雑します。

④ 2週間以内に37.5℃以上の発熱、咳・鼻水などの風邪症状のがあったご本人、そのような方が家族にいるなど濃厚接触した方は必ず申告してください。日にちと時間を指定しますので、指示に従ってください。

⑤ 海外からの帰国者、道外(特に首都圏)や札幌などの流行地から転入・帰省された患者さんは必ず申告してください。日にちと時間帯を指定しますので、指示に従ってください。

⑥ 院内に入る方は、患者さん・付き添いのご家族含め、3歳以上は全員、マスクをして下さい。マスクをしていない方は院内に入れません。

⑦ 耳の聞こえづらい人は、必ず補聴器をして下さい。

⑧ 玄関に手の消毒を用意しています。院内に入るときには必ず使用して下さい。

⑨ トイレは済ませて来院して下さい。

⑩ 院内に入る方は患者さん本人と付添1名まです。他は車中等で待っていて下さい。

⑪ キッズスペース・図書コーナーは閉鎖しました。

これらは、あなたのため、私のため、社会みんなのためです。よろしくお願いします。